債務整理

こんなお悩みはありませんか?

違法な金融業者に、長年返済を続けている。

破産をせずに、借金をやりくりしたい。

借金の整理のために弁護士を頼みたいが、費用が心配。

弁護士へ依頼するメリット

  • 債務整理には、さまざまな方法があります。まずは、どうしていきたいかというご希望を伺いますので、債務や収入の状況をご説明ください。思い描いているプランが実行可能であれば、そのお手伝いをいたします。
    ご希望を裏付ける材料が乏しい場合は、代替案をアドバイスいたします。

  • 事務所では、ご依頼者の「借金をきちんと返していきたい」という意向を大切に考え、破産手続きを最後の選択肢としています。その一方、「最初から破産しておけば、返済分が自分の財産になったのに」と後悔されないよう、細かなリスクまで考慮した上で、最善の一手をお示しいたします。

自己破産

債務のすべてを免除してもらうよう、裁判所に申し立てる方法です。保険外交員や士業などの職業には一時的に就けなくなりますが、その状態が一生続くわけではありません。この制度の目的は「誰でも人生をやり直せる」ことにあり、遠慮や負い目を感じる必要はありません。保証された権利として、有効に活用しましょう。

個人再生

裁判所に返済プランを提出し、一定期間滞りなく返済が行えれば、住宅ローン以外の債務が減免される方法です。自宅を手放したくないときなどに有効ですが、返済が滞った場合、再び債務整理をする必要に迫られます。

任意整理

弁護士が債権者との間で債務総額や返済方法について交渉します。返済を続けることが前提となり、借金を「ゼロ」にすることが目的ではありません。また、ほかの方法と比べ法的強制力に乏しく、話し合いの中で合意を結びます。

過払い金の返済

法定金利を超えた利息分を支払っていた場合、その超過分は取り戻すことができます。債務総額に満たない場合は相殺し、多い場合は現金として支払いを受けます。弁護士の受任届けを送付すれば、取り立てや催促も止まりますので、それだけでも心の平安が取り戻せるでしょう。

Q&A

Q

債務整理を行うと、家族や会社に知られてしまうのでしょうか?

A

原則として知られることはありませんが、債権者の中に家族(親族を含む)や会社が含まれている場合は、債権者として公平に扱わなければならないことから結果的に知られてしまうことになります。

Q

自己破産を考えていますが、債権者以外に迷惑がかかることはあるのでしょうか?

A

連帯保証人がいる場合、債務の返済請求がその人に行くようになります。事前に事情を説明し、必要であれば、合わせて債務整理を進めた方が好ましいでしょう。

Q

過払い金は、依頼してからどのくらいで戻ってくるのでしょう?

A

貸金業者の対応によっても異なりますが、交渉であれば数ヶ月から半年、訴訟であれば1年前後が目安となります。