2016.06.08更新

今回から、後見を例にとり、実務的なことを書いていきます。

後見は申立の準備から始まります。準備は必要書類を集めたり、申立書を作成することです。

そして、裁判所に申立書等を提出して、裁判所の審理を経て、裁判所が後見開始の審判を行い、後見人を誰にするかを決めます。

審判から一定期間が経過すると審判が確定します。審判確定後から後見人の仕事が始まります。

以上が申立とその後の手続のおおまなか流れです。

次回はこのあたりをもう少し詳しく説明します。

投稿者: 本山健法律事務所