2007.11.30更新

 こんにちは。今日は最近の労働法制の動きについて、非常に簡単ではありますが、ご報告させていただきます。

 昨日、労働契約法が成立したそうです。
 他方、長時間労働の抑制を目的とした労働基準法改正作業は継続審議となり、日雇い派遣の抑制などを目的とした労働者派遣法の改正も見送りとなったそうです。

 いずれも昨日と本日の朝日新聞から情報を得ました。

 弁護士が労働者の権利保護を図るためには、法令等の根拠が必要です。少しでも労働者の保護のための法整備が進展することを期待しています。

 労働契約法は、後日、詳細な情報に接しましたら、最新トピックスでご紹介をさせていただきます。

投稿者: 本山健法律事務所

2007.11.24更新



 このブログは、最近毎週金曜日に更新していたのですが、昨日は所用のため、本日になってしまいましたことをお詫び申し上げます.

 さて、今回は、3連休中の方も多いと思いまして、ソフトなテーマ、ご近所紹介の第6弾として、リバーシティ21をご紹介いたします。
 リバーシティ21は、東京都中央区佃1、2丁目付近の超高層マンション街を指します。もともとは大手造船所があった地域でしたが、造船所が撤退し、跡地 を再開発して生まれた街です。ちょうど、隅田川が分岐する場所で、ロケーションがとてもよく、ドラマやCMの撮影などでもよく使われているようです。
 
 写真は、今年の5月ころに永代橋から撮影したものです。リバーシティは場所によって違って見えるのですが、永代橋からの景色がもっとも美しいといわれま す。中央のもっとも高層の建物(センチュリーパークタワー、54階建て)を中心に、ピラミッド状に位置しているからなのでしょう。建築した人たちができた 後の景色まで考えて配置したと思うほど、絶妙な位置取りだと思います。

 著名人が多く住んでいることでも有名ですね。東京駅から約2キロ、車なら10分程度の距離で、交通アクセスがよく、川と緑が豊かですし、セキュリティが 優れているようです。また、何と言っても、高層階からの景色は抜群らしく、土地全体が川に囲まれた島状になっているためか、地球が丸いことを実感するよう な、地平線まで見渡せるような感じと聞いたことがあります。

 当事務所からは徒歩で15~20分です。当事務所のHPトップに使った風景写真の反対側というか、写真に写っていない手前にリバーシティがあります。
 この周囲を散歩すると、とても楽しいです。隅田川は潮の満ち引きがあるため、逃げ遅れた魚などを狙って鷺(サギ)やゆりかもめ等もきますし、水上バスや屋形船などが行き来しているのもゆったりしていてよいものです。
 また、春の桜が咲く季節には、特に西ブロック(写真の右側)が美しく、絵になります。

 超高層マンション全盛の時代になっても、リバーシティは輝きを放っています。夜になると夜景がとてもきれいですので、また改めてご紹介しましょう。

投稿者: 本山健法律事務所

2007.11.16更新



 こんにちは。今回は、弁護士会館をご紹介しようと思います。

 場所は、千代田区霞が関で、東京地裁の裏手になり、日比谷公園に面しています。日比谷公園側から見て、右に東京家裁・簡裁の入った庁舎があり、通りを隔てて左手に厚生労働省の入った庁舎があります。
霞ヶ関駅の地下通路から直接建物に入れるようになっています。 

 地上17階建てで、バブル期に建てた(と聞いています)せいか、大理石をふんだんに使うなど、ぜいたくな造りになっているように個人的には思います。私 が理解している限り、弁護士会は国家機関からの独立を保つため、建築費・維持費はすべて弁護士・弁護士会の拠出でまかなわれているはずです(違うかもしれ ませんが、お許し下さい)。私も「会館特別会費」という名目で、弁護士になって数年目に130万円を納めました(はっきりいって、痛かったです)。
 1階がロビー、2階が講堂(クレオ)、3階が法律相談、4階~8階が東京弁護士会、9階以上が第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、日弁連などとなっています。
 地下には、レストランや売店などがあります。
 
 行く用件としては、
・法律相談
・研修
・委員会・部会などの会合
・打合せ
・調査(文献など)
・その他事務手続
などです。行く回数は、裁判所よりも多く、平日はほとんど毎日のように行っています。

 この建物の最大の欠点(と私が思っているのは)はエレベーターです。乗ろうと思ってボタンを押してもなかなか来ない、来たと思ったら2台同時に来る,な どは日常的に経験します。目的地が3、4階で荷物も軽ければ階段で上がることもできますが、7階くらいになると,しかも荷物が重いと階段で上がるのはしん どいです。
 何とか改善されないものかと思っていますが、難しいようです。裁判所のように高層階用と低層階用を分けるだけでも違うと思うのですが、実現しないですね。

 今日は、これからある警察署に行くことになりました。それでは失礼します。

投稿者: 本山健法律事務所

2007.11.09更新



 こんにちは。前回はたくさんの方々にブログをみていただいたようで、うれしく思います。これからも末永くおつきあい下さい。

 さて、今回は、東京地裁八王子支部を取り上げたいと思います。3回ほど前に東京地裁(本庁)をご紹介しましたが、その続編となります。
 写真(あまりいい写真ではなくすみません)は正面入り口ですが、何となく古くて狭そうな感じですね。私がこの裁判所に通うようになってからは既に今の状 態でしたが、庁舎自体相当の年数が経っているようですし、また、内部には段差なども多いので、相当の建て増し(増築)が施されたのではないかと思います。 そのせいか、外から見るよりも、中に入ってみると、結構広く感じます。また、家裁庁舎は写真には写っていませんが、地裁庁舎よりも高層です。
 取り扱い事件の規模では、正確ではありませんが、だいたい名古屋地裁(本庁)と同じくらいと聞いたことがあります。

 八王子支部に行く回数は、平均して1ヶ月に2回程度でしょうか。交通は、新富町(有楽町線)→市ヶ谷(都営新宿線)→新宿(京王線の特急)→京王八王子 というルートで行くことが多いです。これですと、新宿での乗り換えが楽(都営新宿線の長いエスカレータを上がり、そのまま京王線の特急が出る3番ホームに 出られる)、京王線の先頭車両に乗り、終点の京王八王子駅で先頭車両に一番近い出口(西口)から裁判所までは徒歩で5分程度、と歩く距離が少なくて済み (私はいつも重いカバンを持っているので、これは重要です)、京王線も行き帰りとも始発なので、ほぼ確実に座れるからです。
 このルートを知ってから、八王子支部に行くのが多少楽になりました。ただ、それでも片道90分はみなければ、乗り継ぎが悪いと遅れてしまいますが。
 お昼時にぶつかるときは、京王八王子駅西口を出てすぐのところにある、ラーメン屋さん(御殿というお店だったと思います)を毎回利用しています。早くて安くておいしくて、文句なしです。

 前回、築地市場の移転の話を致しましたが、八王子支部も2009年に立川市に移転することになっています(それに伴い、立川支部と改称されるようで す)。多摩地区では立川にいろいろな機能が集約しつつあるようですし、裁判所が新しく大きな庁舎に生まれ変わるのは市民のニーズに応えることにつながり、 結構なことです。
 ただ、単に交通の便、所要時間、座れるかなどの点だけからみた場合、東京・中央区から行く者の立場からしますと、あまりメリットはないかなと思います。 立川ですと、中央線利用となりますが、四谷(事務所から立川に行く場合の乗換駅)から立川まで40分はかかりますし、中央線はいつも混んでいて、座れるこ とが少ないですし、また、移転先は立川駅前ではなく、多摩都市モノレールで一駅行った高松というところらしいので、歩くにせよ、モノレールで行くにせよ、 立川駅からさらに15分程度はみなければいけないでしょう。そうなると、それだけで約60分となり、事務所から四谷までの所要時間とあわせると、八王子に 行くのと大差はないのかなと思います。
 たぶん、昭和記念公園の近くでしょうから、裁判の帰りに散歩するなどして気分転換するにはよいかもしれませんね。

 小さな字でずらずら書いてしまいました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 みなさま、よい週末をお過ごし下さい。

投稿者: 本山健法律事務所

2007.11.02更新



最近は堅いテーマが続いてしまい、申し訳ありません。
 今回は、ご近所紹介の第5弾、築地市場をご紹介します。

 写真は、隅田川のかちどき橋の近くから撮影したものです。背後の高層ビル群は汐留です。左側に東京タワーも写っています。

 築地市場は東京でもっとも大きな鮮魚市場という程度の知識しか私にはありません。近くを通ることはありますが、いまだに「場内」には入ったことがなく、謎の部分が多いところです。

 最近では、むしろ移転の面で取り上げられることが多いですね。仮に、市場が築地から移転した場合、この土地の再開発は大変なものでしょう。銀座が近く、水辺もあり、魅力的な土地だと思います。
 個人的に心配なのは、市場が移転した場合、この周囲にあるお店、とりわけ、お寿司屋さんがどうなってしまうのか、という点です。同期の弁護士や友人など に私の事務所の住所が「築地」であることがわかると、話題になるのは「お寿司」のことが多いです。友人などが事務所を訪れ、食事に行く場合も、やはり行く のはお寿司屋さんであることが多いです。
 市場があってこそのお寿司屋さんなのでしょうが、市場が移転しても、何とかお寿司屋さんには残って欲しいと個人的には願っています。
 誤解なきように書きますが、私が築地界隈のお寿司屋さんに行くのは数ヶ月に1回くらいでしょうか。そう頻繁に行くわけではありませんし、正直申し上げてそんな暇もないです。

 また、ここの吉野屋は1号店だそうで、特別だそうです。吉野屋で牛丼がなくなったときも、ここの吉野家だけは牛丼を提供していたとか。閉店時間が早く時間がなかなか合わないのですが、一度行ってみたいと思っています。

 昨日から11月に入りました。プロ野球は日本シリーズも終わりました。小さい頃から、野球が終わると、1年ももうすぐ終わりと感じてしまいます。
 これから季節は日々寒さが増していき、周囲は次第にクリスマス色に染まっていくのでしょう。
 弁護士の業務は季節による繁閑はあまり差がないのですが、人間の心理というか、「年内の解決」を希望される方が(相当数)いらっしゃることも事実です。その意味では、これから忙しくなるかもしれませんが、一層の努力を重ね、皆様方のご期待に添いたいと思います。

 なお、朝夕の気温差が大きく、体調を崩しやすいかと思います。恥ずかしながら、私も、事務職員も風邪気味です。風邪などひかれませんよう、夜はあたたかくしてお休み下さい。

投稿者: 本山健法律事務所